FC2ブログ

黄砂の中、「21世紀の森」探訪

生IMG_1394
参加者40名をABの2班に分け出発。日本産樹木園で観察の足をとめるB班
生IMG_3757
桜園の休憩舎から千代川、浜坂砂丘を望む。黄砂で砂丘が霞んでいる
生IMG_3752 -
キアシドクガの蛹。今年も大発生しそうだ。クマノミズキが丸坊主にされていた

 今日は、鳥取生物学会と博物館主催の生物観察会。ABに班分けして出発。A班は一気に頂上を目指し、私が班長のB班はゆったりと植物、昆虫などの観察をしながら歩く。思いのほか歩みが遅い。子供達に昆虫を教える博物館のTさんたち。よほど楽しいのか、子供達が朽ち木や落ち葉を囲んで動かない。まさか、序の口の桜園で食事になるとは思わなかった。それだけ、皆さん充実した観察会だったと思う。
スポンサーサイト



山陰本線とスズメノチャヒキ

IMG_3456 - チャヒキ

 山陰本線を横切ろうとすると遮断機が下りた。汽車を待っていると左側にイネ科の大きな群落がある。スズメノチャヒキのようだ。列車が左側から来た。スズメノチャヒキと一両編成の汽車。田舎らしい、いい風景だ。

清楚なミヤマヨメナ

IMG_3541ミヤマ
湿り気のある山裾でひっそりと咲いていたミヤマヨメナ
IMG_3592ミヤコ
強風に揺れる街角のミヤコワスレ。ミヤマヨメナに比べると健康優良児風だ

 ミヤマヨメナの花が咲き出した。ミヤコワスレの原種といわれる。園芸品種のミヤコワスレは、4月の終わり頃から街角の花壇や鉢で紫色の花を咲かせていた。太陽も栄養条件もよい条件で育つミヤコワスレに比べると、林縁で咲くミヤマヨメナは随分と華奢に感じるし、清楚だ。

コメガヤの雌蘂

IMG_3543 コメガヤ

小さなコメガヤの花が咲いていた。穎が開いて雌蘂の先のモヤモヤが見える。最近、タケの花を分解したせいか、小さなコメガヤの雌蘂や雄蘂までもが眼に入るようになった。

赤色系のアジサイ、到着

IMG_3596ハイド

 毎年、母の日に送られてくるアジサイの鉢植え。今回、初めて赤色系統の品種が送られてきた。頑丈そうな黒緑色の葉色と相俟って異彩を放つ。毎年、新品種が創出されることには敬意を表する。そして、赤いアジサイの花言葉は「元気な女性」。ありがたいことです。健康に長生きして貰わなきゃね。
プロフィール

tottorimaeda

Author:tottorimaeda
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード